美容整形外科で除去する|ほくろを取りたいなら【カウンセリングを受けることからスタート】

ほくろを取りたいなら【カウンセリングを受けることからスタート】

美容整形外科で除去する

カウンセリング

レーザー治療が主流

ほくろの除去は、医療機関で行うのが一般的です。基本的に審美目的のため自由診療となりますが、中には保険が適用されるものもあります。代表的なのがメラノーマという皮膚がんの一種です。放っておくと全身に転移する恐れがあるので、できるだけ早く除去するのが望ましいです。また、これに限らず肥大化しつつあるものや悪性の疑いが強いもの、出血の頻度が高いものなども保険が適用される場合があります。しかし、多くの場合は保険適用外になるため、治療の選択肢が多い美容整形外科を受診する人も少なくありません。美容整形外科は美容に強い医療機関ですから、ほくろ除去は跡が残りにくいレーザー治療をメインに行っています。レーザー治療を受けられる皮膚科も少なくないですが、美容整形外科の方が数種類のレーザー機器をそろえていることが多いです。美容整形外科であれば、ほくろの深さなどに適したレーザー機器を使った施術が可能ということです。それに加えて、美容整形外科は数ある医療機関の中でもサービスが手厚いことで知られています。いつも美容の悩みに対応している施設なので、カウンセリングも丁寧に行われます。ほくろ除去の症例数が多いクリニックを選ぶと、より安心でしょう。美容整形外科でほくろ除去に使われる主なレーザー機器の種類は、Qスイッチレーザーや炭酸ガスレーザーです。Qスイッチレーザーは小さく平らなほくろ除去に向き、炭酸ガスレーザーは5ミリ以下で盛り上がった状態のほくろ除去に向いています。そもそもほくろは、メラノサイトが表皮の奥で異常に増殖した母斑細胞と言われるものです。この増殖した部分がほぼ表皮に収まっているものは浅いタイプとなるので、Qスイッチレーザーで除去が可能です。しかし、盛り上がっている場合の深さは真皮まで及んでいると考えられます。ですから、こういうタイプには炭酸ガスレーザーが適します。炭酸ガスレーザーは黒色に反応するQスイッチレーザーのようなレーザー機器とは違い、水分の多い組織を一瞬で蒸発させるのが特徴です。隆起した組織を破壊するのに最適な機器なので、いぼや魚の目などの治療にも用いられます。いずれのレーザーもリスクはほとんどなく、施術時間が短く傷跡も気にならないことが多いです。それから、Qスイッチレーザーや炭酸ガスレーザーにも様々な種類があり、効果が若干異なります。一度の施術で完全に除去できるものもあれば、数回受ける必要があるのもあります。効果と費用を考えた上でクリニックを選ぶといいかもしれません。